カテゴリー
結婚式

菊乃井本店で結婚式の写真撮影。料亭でドレス、いい感じ。

6月上旬に京都の料亭 菊乃井本店で撮影させていただいた結婚披露宴の写真をご紹介します。

同日、京都下鴨神社で結婚式を挙げられた後、移動しての披露宴です。

新郎新婦様からのご依頼で、持ち込みカメラマンとして出張撮影させていただきました。

目次
披露宴会場 到着
披露宴 開宴
乾杯&祝宴スタート
蓬莱饅頭カット
謝辞・お開き
ポートレート
「結婚式の当日撮影」関連情報

披露宴会場 到着

披露宴会場は京都の料亭 菊乃井本店。
河原町や祇園四条などの駅からタクシーで5分程度の近さですが、京都東山の谷筋の奥まったところにあり、落ち着いた雰囲気です。

新郎新婦様がご到着された頃、かすかに雨が降ってきました。料亭スタッフさんが素早く駆け寄り傘を差す様がいい感じ。

菊乃井さんには何度か撮影でお邪魔しているのですが、どのスタッフさんも気持ちの良い接客をされていて、素晴らしいなといつも感心させられます。

披露宴 開宴

ゲストの皆様の拍手の中、ご入場。
料亭でのウェディングドレス&タキシード。いい感じです。ありです。

司会進行役は、実は新郎様のご兄弟。
「もしかして本職ですか?」と思うくらい、驚くほどしっかり進行してくださいました。ご兄弟の紹介を受けて新郎様からのウェルカムスピーチ。

菊乃井の女将さんからのご挨拶に続き、先付が運ばれてきます。

乾杯は日本酒を盃で。
金箔たっぷり。

乾杯&祝宴スタート

乾杯のご発声は新婦のお父様から。

緊張されていて、ご自身の盃を持たず「乾杯っ!」って言っちゃいました。

でも、お陰で雰囲気が和みました ( ◠‿◠ )
これも思い出!

皆様が座られているのは普通より低めの畳用の椅子。これなら楽ですね。
あと、御膳の足が真ん中で一本になっているので引っ掛ける心配が少なそう。

久しぶりの皆様、初めましての皆様とお話をたくさんして親交を深める時間をたっぷり設けた披露宴です。

緑のカゴに入れられて運ばれてきたお料理。みなさん「なんだろ?」と思いながら開けてみると、八寸が入っていました。実は、ちょうどホタルの時期だったので、螢籠に似せたカゴに入れて運ばれてきたんです。季節と遊び心を感じるちょっとした演出があると、気分が上がりますよね!

美味しそ!結婚のお祝いの紅白の色、長寿の象徴の海老、などなど。

手前のオレンジの丸いお料理、みなさん「これなんやろ?」と言いつつ口に入れ「めちゃめちゃ美味しい!でもこれやっぱりなんやろ?」と、不思議な反応でした。これは「枇杷玉子」と言って、黄身の味噌漬けだそうですよ。

猪口、青梅ワイン煮のゼリー寄せ。

向付、明石鯛と縞鯵のお刺身。鶴の器がインパクトあります。鯛はポン酢の煮こごりをクルッと巻いてあって一緒にいただくのも、皆さん「へーっ」っと楽しみながら。

どのお料理も器も美しくて生命力が感じられて、なんとも晴れやかな気持ちになります。「頑張って働いて、家族の特別な日にはぜひ食事に伺いたい!」と思うお料理の数々です。

みなさんお互いにお酌やご挨拶。「今日はありがとうございます」「これからよろしくお願いします」などなど。ご挨拶したり、近況を聞いたり。

新郎新婦様が小さい頃からのお写真をアルバムにして何冊かご用意されていました。ゲストの皆様もたくさん写っています。皆さん、懐かしそうにご覧になりながら盛り上がっていましたよ。

新郎新婦席でも、ゆっくりお話ししたり、一緒に写真を撮ったり。

向付二皿目、鱧落とし。

蓋物、大きな穴子のひろうすが入っていました。上に乗っているのは木の芽とインゲンマメ。

お口直しのソルベ。パッションフルーツと山葵が入っているんですって。木の蓋のかわいらしい器でした。

鮎の塩焼き。蓼酢で。泳いでるみたいですね。

蓬莱饅頭カット

金屏風の前に運ばれてきたのは…

カラフルなお饅頭。
「蓬莱饅頭」と言います。
仙人が住むという伝説の蓬莱島を象ったものだそうです。両サイドの飴細工は波かな。鶴屋吉信謹製。

これをどうするかというと…

饅頭入刀!とは言いませんが、そんな感じです。ウェディングケーキカットのようにナイフを入れます。

ゲストの皆様、スマホで写真撮りまくりです。

中には「子宝に恵まれますように」という願いを込めて、こんな感じで小さなカラフル饅頭が入っています。

足を運んでくださったおじいさま、おばあさま。皆さん喜んでくださっていました。

お料理シリーズ。赤と青の万願寺唐辛子焼きびたし。

3本足の器で出てきたのは、寿肴の丸七宝蒸し。すっぽんなどが入っていて元気出そうです。

新生姜のとろろご飯、香の物、止椀。

水物はみつ豆。器の青竹は春に収穫したものを変色しないように冷凍保存していたものだそうです。確かに清々しい青でした。色々なところに手が込んでますね。

ラストに蓬莱饅頭をカットしたものを皆様に。

謝辞・お開き

さて、そろそろお開きが近づいてきました。

新郎お父様の謝辞。

続いて、新郎様の謝辞。

そして、お開き!

お見送り後、新婦様とお父様のツーショット。

そこに新郎お父様が「私も二人で撮りたい」と。新郎様がすっと横に立ちましたがなんかちがう感じだったので、「新婦様とですか?」と聞くと恥ずかしそうに頷いたのでお撮りしました????

とはいえ、やっぱり実の息子とも。

外の雨もましになっていました。

玄関先の新郎様3兄弟。なんかいい感じ。

ポートレート

ゲストをお見送りした後、新郎新婦様にはもう少し頑張って頂いてポートレート撮影をしました。

小雨が降っていましたが、お二人のご希望もあったので少し外でも撮りました。

輝くサファイアの婚約指輪と結婚指輪も。

色々考えられたのだと思うのですが、ご自身で結婚式のプランニングをして今日の日を迎えられたお二人。

衣装や美容、挙式、披露宴、そして写真など、することも多く大変だったとは思いますが、とっても素敵な結婚式になって良かったですね!

親御様も披露宴中に「こうやって結婚式や披露宴をしてくれて嬉しい」というようなことをおっしゃっていたなー。

いつまでもお幸せに!

結婚式当日撮影 関連ページ

プラン・料金
撮影例
結婚式当日撮影のブログ

お問い合わせ
お待ちしております!

「菊乃井本店で結婚式の写真撮影。料亭でドレス、いい感じ。」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください