下鴨神社での
   結婚式写真撮影

下鴨神社で結婚式のカメラマン持ち込み撮影をご検討中の方のため、当日どんな感じで結婚式や撮影が進んでいくのかを、実際のお客様の写真を添えてご紹介します。撮影してみてわかったカメラマン目線でのアドバイスもお書きしています。 

下鴨神社での
結婚式撮影イメージ

下鴨神社では結婚式撮影をどう進めるのか、
あくまで一例ですが、時系列でご紹介します。

情報はこれまでの撮影時点のもので、変更されている可能性があります。最新情報は関係先に直接ご確認ください。

花嫁支度

お支度は結婚式の序章。緊張感、わくわく感、そんな気持ちの高まりを撮影します。新郎新婦様のご希望とお支度先の許可があれば伺います。

神社の外でのお支度

披露宴会場、貸衣装店、美容院、宿泊先、ご自宅などでのお支度です。お支度後に車移動の必要がありますが、お支度中の撮影ができる可能性があるのはこちらです。可能かどうかはそれぞれのご担当者様にご確認ください。

神社専属サンローゼ美容室でのお支度

サンローゼ美容室は神社境内の参集殿にあります。移動がなくて便利なのですが、個室ではなく共通スペースでのお支度のためお支度中の撮影は残念ながらできません。

ポートレート撮影

下鴨神社では、挙式の1時間前から30分ほどお時間をとっていただいてお二人の写真を撮ることをお勧めしています。境内には楼門・御手洗池・正面鳥居・糺の森など、魅力的な撮影スポットが多数ありますので、ご案内してお撮りします。

注意点

挙式30分前には待合室に入るように言われますので、それに間に合うように撮影完了いたします。そのためできれば挙式1時間前くらいから撮影開始できるようにお支度完了時間や神社への到着時間を調整していただくようにお願いしています。

雨の場合

楼門の下や回廊など、屋根のあるところで撮影させていただきます。降っていない日ほどではないですがバリエーションもいろいろ撮れます。

待合室

下鴨神社は挙式数が多いので待合室もたくさん用意されています。参集殿、社務所、供御所などです。新郎新婦様は挙式30分前までに指定された待合室に入ります。ご参列の皆様も続々到着されて、皆様同じお部屋で過ごします。にぎやかだったり、緊張感が伝わってきたり。ありのままの様子を写真に撮っていきます。新郎新婦様はここで挙式進行の説明を受けます。結婚指輪の交換をされる場合、この時お預かりして撮影をします。親族紹介をこのタイミングでされるご両家様もいらっしゃいます。

花嫁行列

挙式時間が近づくと待合室の前から挙式が行われる葵生殿まで花嫁行列で参進します。参拝者が見守っていたりする中、神社の境内を進んでいくと「いよいよ」という感じになってきます。「参進の儀」と言われたりすることもあるように、ただの移動というより、ここからもう儀式が始まっているような感じがします。写真は、美しい社殿をバックに進む様子や、新郎新婦様と皆様の表情をお撮りしていきます。

アドバイス

時々ですが、キョロキョロしてしまったり、おしゃべりしたり、ご参列者様の中には列を崩して写真を撮りながら進む方もいらっしゃいます。ここは是非、姿勢を正して進んだ方がいい感じですよ。

挙式

下鴨神社では挙式中の写真撮影はできません。持ち込みカメラマンだけでなく、神社専属の写真館も同じです。そのため、葵生殿にお入りになる姿をお撮りしたら、挙式中は外で待機することになります。その間は葵生殿の外観や他の社殿を撮ったり季節を感じるようなイメージを撮ったりしています。 無事結婚式を挙げて葵生殿から出てこられる様子もお撮りします。「夫婦として歩み始める」みたいな感じがして好きな場面です。

ご列席者様との撮影

挙式後、境内でご参列いただいた皆様との写真を撮らせていただきます。全員で撮ったり、ご家族ごとに撮ったり。あとでお礼メールやお礼状を送る際、一緒に撮ったいい表情の写真があると素敵だと思うので、皆さんのいい表情を捉えらえるように頑張って撮ります。

久保田写真館のフォーマル撮影ありの場合

下鴨神社で結婚式を申し込むと、神社専属の久保田写真館の集合写真、二人写し、新婦様一人写しなどをご紹介されるかと思います。台紙に貼るような感じのフォーマルな写真を下鴨神社で長年撮られている写真館です。丁寧に綺麗に撮ってくださいますよ。久保田写真館の撮影は、挙式後すぐあります。何パターン撮るかや衣装チェンジの有無によりますがだいたい挙式後15〜30分くらいの間は久保田写真館の撮影時間になります。その間、ゴシフォトは遠くから全景を撮ったり、望遠で横顔を撮ったりといった形でお二人やご列席の気が散らないように撮影します。完了後、ゴシフォトの撮影時間になります。

結びの写真と移動

結びに新郎新婦様お二人の写真を撮り、花嫁専用車などのタクシーや自家用車で披露宴会場やお着替え場所に出発シーンを撮って神社での撮影は完了ということが多いです。 披露宴の撮影も承っていて「披露宴会場の到着シーンを優先して撮って」という場合は、新郎新婦様より少し早めに車で出発させていただき、披露宴会場でスタンバイするようにします。

下鴨茶寮への移動について

下鴨神社社殿から糺の森を抜けたところにある料亭 下鴨茶寮でご披露宴をされた新郎新婦様で、タクシーではなく歩いて移動された方がいらっしゃいました。ご列席の皆様と一緒に森を抜けて歩くのはいい感じでした。ただ、意外と距離があったなーという印象です。普通に歩く分にはいいのですが、重い花嫁衣装と慣れない履物で砂利道を移動するのはちょっと頑張りがいるかもしれないのでご注意下さい。


撮影プラン・料金

下鴨神社での結婚式写真撮影のプランと料金です。
「撮影料金」+「出張料金」が基本になります。
必要に応じて「撮影オプション」「結婚式アルバム」を追加でお選びいただきます。

撮影料金

挙式のみ
60,000円(+tax) 
3時間まで
200〜400枚目安

挙式+披露宴
100,000円(+tax) 
時間制限なし
600〜1000枚目安

出張料金

下鴨神社など、京都市内への出張料金は無料です。
ただし、同日、披露宴・二次会・お支度などの撮影希望があり、場所が神社から遠方の場合、出張料金がかかる場合があります。お問い合わせ時に撮影希望場所をご明記いただければお見積りいたします。

結婚式二次会

撮影オプション

二次会撮影(当日):40,000円+tax
撮影延長:1時間 10,000円+tax
(挙式+披露宴プランは不要)
セカンドカメラマン:50,000円+tax

和風のウェディングアルバム

結婚式アルバム

下鴨神社や同日の披露宴で撮影させていただいたデータで、結婚式アルバムを作成することもできます。写真をページ上にレイアウトすることで、結婚式の空気感を再現します。入稿前のレイアウトチェックで、気に入った写真と差し替えるなど調整が可能です。

挙式のみ(20p):29,000円+tax
挙式+披露宴(60p):58,000円+tax

関連ページリンク

下鴨神社の基本情報

名称

正式名称:賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)
通称:下鴨神社、しもがもさん

アクセス

住所

〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59 京都の鴨川と高野川が交わるところのちょっと北。

京阪電車で

京阪電車の出町柳駅が最寄り。駅から社殿までは糺の森を散歩しながら1キロちょっと。 タクシーなら大体1メーター

京都駅から

地下鉄烏丸線で北大路駅まで行き、そこからタクシーで1,000円以内

車で

ナビに「下鴨神社 駐車場」と入れましょう。社殿すぐ横に神社の駐車場があり便利です。

ご祭神

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)
玉依媛命(たまよりひめのみこと)

賀茂建角身命は京都が「都」になるずっと前に、この地を拓かれた神様だということで、平和や五穀豊穣や殖産興業の神様として信仰を集めてきたそうです。また、神武天皇を熊野から大和まで導いたとされる八咫烏(やたがらす)は賀茂建角身命の化身だったとも言われることから、導き、厄除けの神様でもあるそうです。

玉依媛命は、賀茂建角身命の御子神(子供)で、火雷大神と結婚式して上賀茂神社に祀られている賀茂別雷命を産んだとされていて、縁結び、安産、育児の神様なのだそうです。

(参考:下鴨神社ホームページ、ウィキペディア)