結婚式スナップ写真
   大阪での撮影

大阪で、あったかい結婚式写真をお撮りします。

大阪のカメラマン大越大祐の結婚式当日撮影プランです。気持ち伝わるあったかい写真をお撮りします。ウェディング当日に新郎新婦様の持ち込みカメラマンとして結婚式場・披露宴会場に伺って撮影します。

撮影当日は、大切な1日のドキュメンタリー写真(スナップ写真)、新郎新婦様のポートレート写真、ゲストとのグループ写真、指輪などのアイテム写真など、いろいろ撮影します。

料金

結婚式写真の基本料金は「撮影料金+出張料金」の合計になります。
必要に応じて撮影オプション、結婚式アルバムもお選びいただけます。

撮影料金

挙式のみ:60,000円(+tax) 

3時間まで、200〜400枚目安

披露宴のみ:80,000円(+tax) 

5時間まで、400〜600枚目安

挙式+披露宴:100,000円(+tax) 

時間制限なし、600〜1000枚目安

<料金に含まれるもの>
・打ち合わせ
・撮影
・画像調整
・全データ納品

撮影オプション料金

二次会撮影(当日):40,000円+tax
撮影延長:1時間 10,000円+tax
(挙式+披露宴プランは不要)
集合写真ひな壇貸出:15,000円+tax
セカンドカメラマン:50,000円+tax

結婚式アルバム料金

挙式のみ(20p):29,000円+tax
披露宴のみ(40p):44,000円+tax
挙式+披露宴(60p):58,000円+tax

大阪府内の出張料金

大阪府守口市の事務所からおよそ1時間以内で行ける範囲は、出張料無料としています。

無料の地域

<大阪市> 全域 <北河内地域> 枚方市、寝屋川市、守口市、大東市、門真市、四條畷市、交野市 <中河内地域> 東大阪市、八尾市、柏原市 <南河内地域>富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村 <豊能地域> 豊中市、池田市、箕面市、能勢町、豊能町 <三島地域> 高槻市、吹田市、茨木市、摂津市、島本町 <泉北地域> 堺市、泉大津市、和泉市、高石市、忠岡町

3,000円の地域

<泉南地域> 岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻 町、岬町

撮影例

(令和元年10月27日現在、編集中です。)

写真の仕上がりをイメージしていただきやすいように、結婚式場のタイプ毎に撮影例とポイントをご紹介します。

ホテル

客室があるので、前泊したり、お部屋でお支度したり、何かと便利なホテルウェディング。一番ご依頼が多いのは、大小の披露宴会場を備えた都市部のホテルです。交通の便が良かったり、リゾートホテル・ラグジュアリーホテル、こだわりホテル、

撮影ポイント

メイクシーンの撮影をご希望なら、客室での花嫁支度がおすすめです。ホテル美容室でのお支度の場合、撮影不可の場合があるので事前に確認してみてください。ホテル内は共有部分も多いので、必ず撮りたい場所がある場合は事前に時間と場所を確保しておくことをおすすめしています。神社や寺院などホテルの外で挙式する場合も、プラス料金なしで同行撮影可能です。

大阪のホテルの一例

リーガロイヤルホテル大阪、ホテル阪神大阪、セントレジスホテル大阪、KKRホテル大阪、シェラトン都ホテル大阪

式場・ゲストハウス

結婚式場

おしゃれな会場や大聖堂など、結婚式専門の式場やゲストハウスは施設のハード面を気に入って選ばれる方も多いので、特徴を生かした写真も撮るように心がけています。

カメラマンの持ち込みには比較的シビアな会場が多い印象です。成約前に可否と持ち込み料などの条件を聞いておきましょう。


ミュゼ茶屋町(大阪市北区)

ルポンドシエル(大阪市中央区)

JEUDI CAFE (大阪市西区)

リストランテ イル・プリンチペ(大阪市浪速区)

教会

浪花教会(大阪市中央区)

寺院

北御堂(大阪市中央区)

カメラマン持ち込み料の相場について

結婚式場へのカメラマンの持ち込み料がかかる場合は、お客様にご負担いただいています。持ち込み料の相場は3〜5万円くらいの印象です。無料のところもあれば中には10万越えのところもあります。

カメラマンの外注や持ち込みをご検討の方は、できれば成約前に持ち込みの可否・料金・条件などを確認しておきましょう。持ち込み料を払っても「外部カメラマンはチャペル内での撮影禁止です」とか「披露宴の際にカメラマンの席も作ってください」といった具合に、撮影に条件が付く場合があるので注意しましょう。持ち込み料のことを聞く際は「他に条件はありませんか?」と質問しておくと安心です。

カメラマン持ち込み撮影の受注条件

プロカメラマンが仕事で撮影に入ることについて、式場・会場など撮影場所の許可を得てください。

「持ち込み禁止でも大丈夫」「あなたの友人としてお撮りします」といった対応のカメラマンもいますが、結婚式というハレの日の撮影なので、後ろめたいことがあってはいけないと私は思っています。

もし許可が得られなかったり交渉の方法がわからない場合は、まずお問い合わせフォームで大越にご相談ください。一緒に方法を考えます。