カテゴリー
前撮り

福井県 愛山荘での和装前撮り。お支度は美容室のご実家で。

こんにちは。カメラマンの大越です。
福井県で出張撮影させていただいた和装前撮りの写真をご紹介します。

関東にお住いの新郎新婦様ですが、「地元で結婚式の前撮りがしたい」とのご希望で、新婦様の地元福井県越前市で前撮りをしました。お世話になった皆様もたくさん見学にお越しになり、お弁当もみんなで食べたりと、前撮りというよりは「結婚披露の撮影会」みたいな感じで素敵な時間でした。

ご実家の美容室での前撮りお支度

実は新婦様のご実家は美容室を営んでらっしゃいます。そんなこともあっての地元前撮り希望でした。お祖母様・お母様・おば様をはじめ、馴染みの着付けの先生や衣装屋さんなど、お世話になった方々にお支度をしてただきました。

みんな真剣!熱のこもったお支度です。

さすが歴戦のおばあちゃん、プロの目です。

そんなおばあちゃんを見る新婦様の視線はちょっと感慨深げ。
こういう心のやりとりがいいなーと思うのです。

着付けの仕上げチェックをしてもらった後は、お母さんに紅を引いてもらいます。よくある「ふり」じゃありません。リアルだから微笑んだりする余裕はありません。真剣です。でもそれがいい。

見守る新郎様。

そろそろ出番ですよー。

新婦お母様にヘアセットをしてもらいました。
ちょっと照れくさそう。

おじいちゃんも顔を出してくれました。
孫の美しい花嫁姿に表情が緩みます。

出発前、育ててくれた美容室で親子三代の写真を。

愛山荘での和装前撮り

前撮りは新婦様ご実家のほど近く、福井県越前市の愛山荘で行いました。
大正期に建てられた素晴らしい日本家屋と回遊式の庭園があります。

お衣装は朱色の振袖。抱え帯など花嫁5点セットの水色をアクセントにしていて、いい感じでした。カツラも美しい。

庭園、玄関先、室内など、いろいろなところで撮影させていただきました。

庭園と屋内、一つの敷地内での撮影だと移動に時間がかからないので写真のバリエーションが増やせていい感じです。

また、この日は雨も予想されたのですが、屋内での撮影が可能で全く撮影できなくなることはなかったので、安心して当日を迎えられました。

撮影風景はこんな感じ。ご親戚やご近所さんやお世話になった皆様でツアーしながらの撮影でした。着付けの大先生など美容関係の方も多くいらっしゃり、撮影にはなかなかのプレッシャーがかかりました(笑)。

昼食タイム

新婦様が次の衣装に着替える間、新郎様とご見学の皆様に仕出しのお料理がご用意されていました。ありがたいことに私のも。お世辞なしに美味しかった!

というか、これは本当に前撮り?新たなジャンルだな。冒頭で「結婚披露の撮影会」と書きましたが、いい名前ないかなー。

白の振袖での前撮り

みんなで昼食を楽しんでいる間に新婦様は白ベースの振袖にお色直し。
ヘアスタイルもカツラから洋髪に。胡蝶蘭を使った和装によく合う髪型にしてもらいました。綺麗でかっこいい。

後ろに見えるのが越前富士と呼ばれ親しまれる日野山。この山を望み愛でることができるから「愛山荘」なのだそうです。

全身で撮ってもとても素敵なお着物です。よく似合う!

撮影中に隠れたテーマになってきたのが、新郎様の笑顔を引き出すこと。ビシッと決まった表情は撮れていたので、あの手この手で場を和ませ、いい感じの柔らかい表情が出てくるようになってきました。

…と思ったら、愛山荘の撮影完了の時間(笑)。

お祖父様お祖母様宅での前撮り

さて次はお祖父様お祖母様宅に移動。とっても立派なお家です。
新婦様たってのご希望でこちらでも撮影しました。

玄関先に立派な牡丹が満開に。聞くと、偶然ではなくこの日に綺麗に咲いているように調整しながらお育てになったそうです。愛だなー。

ご先祖様にも結婚のご報告。

ご家族写真をお撮りしてこの日の結びとしました。
皆様、ありがとうございました!


愛山荘について

1916年に建てられた個人宅でしたが、老朽化して取り壊しも検討されていたそうです。それを聞いた地元の会社小野谷機工の社主さんが買い取って一年かけて修復し、2015年から一般公開を始めたそうです。

入館料+飲み物+ケーキで1,100円、1,600円出すとさらに越前蕎麦も出してくれるそうです。撮影での利用料は1時間3,000円です。(2019年10月3日現在)一流料亭のようなお部屋と庭園で過ごせることを考えると良心的だと思います。

そんなふうなので、土地建物の購入、修復、維持、人件費などの費用を賄うには儲けはとても足りないでしょうから、ほんとに地元のためを思っての心意気だったのかなと思います。

そんな素敵な場所だから、結婚式の前撮りはもちろん、ご家族の記念写真をお撮りするのにぴったりだと思います。だからこそ、末長く使わせていただけるように、利用するカメラマンはマナーをしっかり守って撮影しないとなーなどと思ったりします。

また行きたいなー。


福井県での前撮り

撮影料金:50,000円+tax
出張料金:20,000円

大阪府守口市の事務所から撮影に伺うのに必要なカメラマンの往復交通費・宿泊費を出張料金として頂戴します。
無料地域→片道1時間以内の地域(大阪市、奈良市、京都市、神戸市など)

含まれる内容

・打ち合わせ
・撮影2時間(撮影開始〜完了)
・画像調整
・全データ納品

※和装・ドレス撮影とも同じ料金です
※土日祝撮影でもアップ料金なしです
※1時間につき10,000円(+tax)で延長可
※衣装・お支度は他社でお手配ください

愛山荘を利用する場合は、1時間につき3,000円のご利用料を直接施設にお支払いただきます。

カテゴリー
前撮り

神戸での和装前撮り。日本庭園 相楽園で。

神戸には「相楽園」という素敵な日本庭園があります。

中央に池を配した回遊式の広い庭園で場所によって色々な風景があり、和装前撮りにぴったり。敷地内の一部建物をリニューアルして「THE SORAKUEN」という結婚式場ができましたが、庭園自体は神戸市立なので変わらず使わせていただけるとのことです。

そんな相楽園で以前撮影させていただいた和装前撮りの写真をご紹介します。

目次
日本庭園でのロケーション撮影
前撮り情報

日本庭園でのロケーション撮影

ご自宅でお支度を済まされたお二人が相楽園の門前に到着。
事前に対面打ち合わせができなかったので、実際にお会いするのはこの日が初めて。ご挨拶をしてお話ししながら撮影ポイントに移動します。

お二人到着前に撮影する場所を下見していろいろ考えておくわけですが、「笑顔もいい感じだし、キリッとした感じもいいなー」など、実際にお会いした印象からどんな風にお撮りするかは変わってきたりします。

なんやかんやお話ししながらお撮りする中でいい顔をたくさんカメラに向けて下さいました。

新郎様、紫の和傘がびしっとハマってました。

そのままだと新郎様の顔が暗くなりすぎるので、右からフラッシュ一灯当てています。自然光に馴染ませて。

上の写真なんかは、縦長にプリントしても面白いかなと思います。
掛け軸っぽい感じで。

門前でシンメトリーに。

この日、最接近(笑)

どストレートのフォーマル写真…

…からの、この日一番の笑顔 !

いい表情が撮れてよかった!

後日写真データを納品したら、「やっぱりアルバムも」ということで追加でご注文いただきました。前撮りアルバムの後日注文、もちろんありです!

ちなみに
大越の前撮りは大きく分けて2種類。撮影だけ受注して衣装美容スタッフをお持ち込みいただくプランと、撮影と衣装美容をセットにしたプランがあります。セットプランの場合はお支度場所も含めてこちらで準備します。撮影のみの受注の場合は、お支度を整えていただいた上で、撮影開始場所で待ち合わせをします。

前撮り情報

前撮りにご興味のある方は、以下のページも合わせてご覧ください。

前撮り プラン・料金
前撮り 撮影例
前撮り ブログ
お問い合わせフォーム

カテゴリー
前撮り

紅葉の京都で和装前撮り。嵐山祇園 東山 日本庭園で。

こんにちは。今回は紅葉の京都で撮影した和装前撮りの写真をご紹介します。嵐山・祇園・五重塔周辺・日本庭園で撮りました。気持ちいい秋の前撮りロケーション撮影。新郎新婦様やご見学に来られていたお母様にも楽しんでいただきました。

嵐山でのロケーション撮影

まずは嵐山から撮影スタートです!

新婦様は白無垢綿帽子姿。新郎様は紋付袴姿。

紅葉の嵐山や渡月橋をバックに。

桂川の川面がキラキラです!

渡月橋の上で。

川岸の紅葉のグラデーション。

ちょうど緑、黄色・朱色と、いろいろな色を楽しめました。

少し移動すると、もっと深い赤の紅葉絨毯が!

今度は紅葉のキラキラバックに一枚。

嵯峨野の竹林にも足を伸ばしました。

実は、紅葉の嵐山はそれはもうものすごい人、人、人!

なんとか二人の世界を作っています(汗)

祇園巽橋周辺でのロケーション撮影

京都の西の端の嵐山から、場所を移動して東の端の祇園巽橋周辺へ!

衣装は赤の色打掛に。

紅葉に負けない鮮やかな赤です。

まずは辰己神社の前で。

次はすぐ横の巽橋で。

趣があります。

これまたすぐ横には町屋があります。

格子戸を背景に和傘を持って一枚。

祇園辰己神社周辺は、一つ所に京都らしい風景が詰まっていて和装の前撮りや和装ロケーション撮影にはぴったりです。

八坂の塔周辺でのロケーション撮影

次は京都東山にある八坂の塔(法観寺五重塔)周辺へ。

まずは八坂庚申堂にお邪魔して神様にご挨拶。

周囲のカラフルなボールのようなものは「くくり猿」。

欲望を抑え、念願成就をするためのお守りだそうです。

この日は秋の日に照らされて少しシックな色目に見えました。

法観寺五重塔をバックに一枚。

現存する塔も15世紀からあるそうです!

お寺の創建は平安遷都以前の6〜7世紀のまで遡るとか。

その姿も素晴らしいし、570年以上も長く変わらずにあるものと一緒に写るだけでも、なんだか結婚写真としていい感じなような気がします。

この日はご両家のご家族様もご同行。

みなさんで京都観光も楽しみました。

お二人の、ご家族のご繁栄を願ってみなさんで一枚!

日本庭園でのロケーション撮影

さて、またまた場所を移動して二人がご宿泊のホテルの日本庭園へ。

池には素晴らしい錦鯉も。

新郎新婦様が持って来られていた紙風船でちょっと遊んでみました。

…風が結構強くて紙ふうせんが言うこと聞きません。

新郎さん必死です!

花嫁さんはそんな新郎さんがおかしくておかしくて。

今度はお内裏様とお雛様?

可愛らしい人形が出てきました。

二人の結婚指輪をはめた手元。

そして、いい笑顔で締め!

盛りだくさんの楽しい撮影でした!

お二人ともお幸せに!

撮影プラン:前撮りロケーション撮影 →