夏の前撮り、暑さ対策

最近暑くなったり涼しくなったりややこしいですね。

先日、前撮りからの帰り道、車の温度計を見たら5月なのになんと34度!

まさに真夏のような暑さ。

でも、降り注ぐ日差しのおかげで明るい雰囲気のいい写真が撮れました。

そんなこともあったので、夏だけとは言わず春でも、暑い日の前撮りを楽しむための対策をご紹介します。

[vcex_spacing size=”20px”]

暑さ対策あれこれ

朝夕に撮影する

ゴシフォトでは、夏の日中は気温が上がりやすいので、予定が許せば朝夕のロケーション撮影をお勧めしています。

特に朝は涼しいし、街中や観光地でも比較的人を入れずに撮影しやすかったりもします。

[vcex_spacing size=”20px”]

木陰のある場所で撮影する

撮影する場所に木陰があると、ちょっと暑さも和らぎますし、写真的にもバリエーションができます。木漏れ日のキラキラを背景に撮ったりするのもいいですよ。

 

[vcex_spacing size=”20px”]

洋傘・和傘を準備する

日なたでの撮影も、和傘や絵になる洋傘を準備していれば、直射日光を避けつつ撮影かできます。

撮影のバリエーションも増えるし、場所も選ばないし、移動中にも使えるので役立ちますよ。

 

[vcex_spacing size=”20px”]

屋内で撮影する

やっぱり屋内、特にクーラーが効いた部屋での撮影は快適です(笑)

スタジオでもいいのですが、最近ではレンタルスペースをネットで便利に借りられるようになっています。

レンタルスペースでお支度→その場で屋内撮影→ロケーション撮影に出発

(または、お支度→ロケ→屋内)

などのスケジュールだと、負担が少なくて写真のバリエーションも増えるのでお勧めです。

民泊なども兼ねている場合もありますから、前泊してからの撮影ならよりゆっくり体調を整えて元気に撮影できるかもしれませんね。

京都・大阪・奈良・神戸あたりでの前撮りならおすすめ場所をご紹介できますよ。

 

※上記2枚は衣装見本用モデル撮影です

[vcex_spacing size=”20px”]

飲料・食料

水分補給は大事なので飲料は持っておいたほうがいいと思います。

特に新婦様は汗やトイレなど心配かもしれませんが、元気でなくなってしまうと元も子もないので適度に補給しながら撮影した方がいいですよ。

暑さ対策とは関係ないですが、ストローがあると和装などでも飲みやすく口紅の落ち具合がマシです。

撮影が長時間になる場合は何か持っていた方がいいかもしれません。

ただし、暑いと腐りやすいので選ぶものに注意が必要です。

[vcex_spacing size=”20px”]

凍らせたペットボトル・アイスノン

首の後ろ、脇などにあてて冷やすと冷却効果があります。

凍らせたペットボトルなら、そのまま飲料にもなります。

[vcex_spacing size=”20px”]

打掛は脱いで車移動

白無垢・色打掛での撮影なら、10分以上の車移動がある場合、打掛は脱いで乗車するようにお勧めしています。前後に脱いだり着たりしますが、それよりもクーラーの効いた車内でできるだけクールダウンした方がリフレッシュして次の場所での撮影に望めます。

[vcex_spacing size=”20px”]

その他、注意点

車内の熱

夏の日中、撮影中駐車している移動車の車内は猛烈に暑くなります。

持ち物はできるだけ放置しないようにしましょう。

染物の着物は特に注意です。シートの熱で溶けることがあるので、脱ぐか何か敷いて乗りましょう。

[vcex_spacing size=”20px”]

カツラは熱がこもります

最近のカツラは良くなっているとはいえ、熱が篭るぶん暑く、ある程度重さや締め付けもあります。

暑い日中に屋外で長時間使用するのは体力を消耗すると思います。

涼しい時間帯にするか、屋内撮影も組み込むなど、工夫が必要かと思います。

[vcex_spacing size=”20px”]

といった感じで、ゴシフォトでは、安全のため、いい写真を撮るために、お客様の体調に気をつけながら撮影をしています!

[vcex_spacing size=”20px”]

ゴシフォトの前撮りプラン

出張 前撮り

京都・大阪・奈良・神戸など関西をはじめ全国にお伺いして撮影します。

[vcex_button url=”https://goshiphoto.com/maedori/” title=”Visit Site” style=”flat” align=”left” color=”” size=”small” target=”self” rel=”none”]プラン・料金をみる[/vcex_button]

[vcex_spacing size=”20px”]

京都 前撮り

京都の美しい街並みを背景に前撮りやフォトウェディングをします。

和装やドレスのセットプランもあります。

[vcex_button url=”https://goshiphoto.com/kyoto/” title=”Visit Site” style=”flat” align=”left” color=”” size=”small” target=”self” rel=”none”]プラン・料金をみる[/vcex_button]

[vcex_spacing size=”50px”]

[vcex_button url=”https://goshiphoto.com/contact/” title=”Visit Site” style=”flat” align=”left” color=”” size=”small” target=”self” rel=”none”]お問い合わせフォーム[/vcex_button]

 

桜の京都 蹴上インクライン・鴨川などでの洋装前撮り

4月上旬に京都で撮影した洋装後撮り写真です。

前日が結婚式当日で、早朝からの撮影でしたが、元気一杯楽しんでくださいました!

ご希望の蹴上インクラインと、桜や花や木々の綺麗な場所で撮影させていただきました。

 

蹴上インクラインでの撮影

昔の琵琶湖疏水の設備跡で、まっすぐな線路が敷いてあり、その両脇には桜並木があります。

新郎新婦様が特に希望していた場所だったので、線路全体を人が入らないように撮るため早朝から撮影を開始しました。

線路の下にはレンガのトンネルがあり、こちらもいい感じで撮影できました。

 

 

鴨川での撮影

今年は桜の開花が早く、ソメイヨシノは京都全域でほぼ咲いていませんでしたが、鴨川の河川敷のしだれ桜が見事に咲いており、桜バックの美しい写真も撮れてホッとしました。

この辺りのカモさんは人に慣れており、撮影中にはつがいが人目も気にせず仲良くしていたので、一緒にとってみました。

二人は写真好きで、撮影の日もでっかいレンズをつけて持ってきてらっしゃったので、それも持って撮ったりして遊んでみました。

自然いっぱいのスポットでの撮影

四季を通じて美しい花や木々の中で写真が撮れるスポットです。

 

京都市内には30分以内で移動できる

撮影情報

撮影プラン:前撮り 京都ロケプラン
時期:4月上旬
場所:蹴上インクライン→鴨川→自然いっぱいの園
新郎新婦様のご依頼で撮影

撮影のお問い合わせ

お問い合わせフォーム(空き日程確認・ご質問・撮影申し込みなど)

桜の京都 蹴上インクラインでの洋装前撮り

こんにちは!

カメラマンの大越です。

4月の桜咲く頃に京都蹴上インクラインで撮影した結婚式の前撮り写真をご紹介します。

京都の東山近く。とあるトンネルを抜けるとそこは…

 

満開の桜並木が!!!

 

ここは京都盆地の東の端にある蹴上インクライン。

線路に沿って見事に桜が咲いていました!

 

新郎様の衣装はスーツに蝶ネクタイ、そしてハット。

新婦様の衣装レースが素敵なウェディングドレス。

いずれも自前で準備されて着て来られました。

新婦様のヘアスタイルは、白い大きめのリボンで後ろにまとめてポニーテールに。

 

 

線路の向こうは土手になっていて、低いところから桜の木が生えているのでこの通り、足元まで桜満開!

手にお持ちのチューリップのブーケも自前です!

座ったカットも素敵です。実は最初に出てきたトンネルの上に座っています。

レンガ造りで趣があります。

 

嬉そー (^。^)

楽しそー (^。^)

二人だけの世界…

ごちそうさまでございます (^。^)

 

実は新婦様、以前桜の時期にインクラインを訪れたことがあったそうで、その時に前撮りをしているのを見られて、それ以来「桜満開のインクラインでウェディングフォト!」が願いだったそうです。

そんな願いの実現にカメラマンとして選んでいただいて嬉しい限りです!

 

でもこの願い、一筋縄では叶えられませんでした。

この年の桜は開花が遅く、予定していた日にはまったく桜が咲いていなかったんです!

日程をずらしても、散ってしまう可能性もありますし雨の可能性だってあります(実際雨でした!)。

そこで選んだ手段は「予約していた日も撮って、後日咲いていそうな日も改めて撮る」というものでした!

その強い思いに応えるように、今回桜が満開になってくれて無事撮影することができたわけです。

 

では、1回目全然桜が咲いてない日に撮影した写真は?

念願の桜はなかったのですが、枝ばかりに見える風景の中にもところどころ春を感じさせる風景があり、これはこれで素敵だったなーと思うんです。

というわけで、時系列は逆になりますが、ご覧ください。

 

朝日に照らされる京都の街をバックに。

 

柔らかい日差しの中で。

桜の木に目をやると、芽が膨らみ花のピンク色が覗いています。

「春はすぐそこ!」って感じでした。

 

桜の花は咲いていませんでしたが、美しい光の中、春を感じる撮影ができました。

この日も撮影していてよかったー。

どちらの日の写真もそれぞれ素敵でした!

前撮り 京都ロケ プランはこちら!

秋の大阪 コスモス畑で わいわい和装前撮り

大阪のコスモス畑で、結婚写真の和装前撮りをしました。

大阪梅田から車で1時間かからないところに、とても素敵なコスモス畑があります。

秋のよく晴れた日に、結婚式の和装前撮りをさせていただきました。

華やかな色打掛で

花嫁様のお衣装は金色ベースの色打掛。コスモスに負けない華やかさです!

天気も良かったし、二人の笑顔も最高!

 

コスモスはよく育っていて背丈くらいまで高さがありました。

他にもコスモス観賞のお客様がいらっしゃったのですが、背の高いコスモスが隠してくれました。

まるで二人の貸切みたいでしょ。

 

ご家族もスタッフも、皆さんでの写真

お父さんお母さんも駆けつけてくれました。

撮影見学はそこそこに、お二人でコスモスデートしてらっしゃいましたけど(笑)

衣装店のスタッフさんも入ってみんなでピース!

 

新婦様のはにかみショット

編み込みとお花を使った髪型も素敵でした!

 

一面のコスモス!

 

青空も入れて。

手に持ってらっしゃる和のブーケも素敵でしたよ。

 

ガーランド+変顔!

するタイミングを見計らっていたらしい(笑)

 

二人のイニシャルオブジェを入れて締め!

新郎新婦様も、お父様お母様も、衣装店のスタッフさんも、もちろん私も、よく笑った前撮りでした!

あー楽しかった。

[vcex_spacing size=”50px”]

[vcex_button url=”http://goshiphoto.com/maedori/” title=“この撮影のプラン・料金を見る” style=”minimal” align=”left” color=”blue” size=”small” target=”self” rel=”none”]この撮影のプラン・料金を見る[/vcex_button]

夏の京都 嵐山+祇園での和装前撮り 人力車も!

夏の京都 嵐山と祇園で、結婚写真の和装前撮りをしました。

新郎新婦様は、この撮影のため関東から来られました。

黒地に鶴と華やかな季節の花々をあしらった打掛。それに、珍しい赤の掛下で一段と華やかです!

髪型は花の飾りを使った洋髪です。

お支度をした町屋の前で和傘を使って少し撮影をしてから嵐山に移動しました。

嵐山・嵯峨野竹林での前撮り

嵐山到着!

二人のご希望で、人力車に乗りました。

もちろんカメラマンの私は横を走りつつの撮影!

嵐山渡月橋をバックに一枚。

この和風のガーランド、素敵でした!

 

少し移動して嵯峨野の竹林へ。

涼やかな雰囲気です。

 

竹林の中にある縁結びの神様、野宮神社で記念の一枚。

お手製の赤い糸を持って。

 

夏休みど真ん中嵐山・嵯峨野竹林は、もちろん観光客で溢れかえっています!

もちろんこの日もそうでした。

そこでどう二人だけの世界を作るのか。カメラマンの腕の見せ所でもあります。

 

祇園巽橋あたりでの前撮り

嵐山の撮影の後、車で移動して祇園巽橋へ。

同じ京都盆地内ですが、西の端から東の端まで移動するので、乗り降り入れて約30〜40分はかかります!

古都の風情が残る大人気撮影スポットです

   

お二人とも、暑い中ご苦労様でした!

[vcex_spacing size=”20px”]

[vcex_button url=”http://goshiphoto.com/kyoto/” title=”京都 和装前撮りセットプラン” style=”flat” align=”left” color=”green” size=”normal” target=”self” rel=”none”]この撮影のプラン・料金ページを見る[/vcex_button]

[vcex_spacing size=”70px”]
関連記事のタグ:

桜の京都 祇園+東山五重塔周辺での和装前撮り

桜の咲き始めた京都で、結婚写真の和装前撮りをしました。

京都の桜は咲き始め。祇園巽橋付近のしだれ桜はわりと早めに咲き始めてくれます。

なんとかこの前撮りに間に合って咲いてくれました!

祇園界隈での前撮り

まずは祇園巽橋の上でゆっくりほっこり撮影開始。

白川の流れ、町屋、そして遠くにほんのり桜が。

 

しだれ桜は、縦構図がいい!

 

やっぱ横もいい!

 

和傘を使って。町屋の格子戸をバックに。

 

裾をおろしてフォーマルな感じで。

花嫁様の衣装は色打掛。朱色に御所車や季節の花々をあしらっていて華やかです。

新郎様は紋付袴。ビシッと決まってます!

 

舞妓さんも訪れるという芸事の神様の辰己神社さんにお参り。

 

辰己神社のすぐ横には風情ある街並みがあります。

 

いい笑顔!

 

東山 五十塔周辺での前撮り

祇園から車で5〜10分移動して東山にある五重塔周辺にやってきました。

まずは五重塔のすぐ西側にある八坂庚申堂に少しお邪魔して撮影。

カラフルなボールのように見えるのは「くくり猿」。

欲のままに行動する(?)お猿さんの手足を縛った形は、我慢する・心をコントロールすることの象徴で、願いを叶えるためのお守りだそうですよ。

 

八坂の塔をバックに。

八坂の塔は、その名の通り坂道に建っています。

坂の下と上から撮るのでは違った印象になりますね。

あっ、新郎新婦様の横の二人はお母様ではありません。着付け・美容のスタッフさんです( ◠‿◠ )

ぜひ一緒にとのことだったので一枚。

 

ラストは和風の「ありがとう」ガーランドを持って。

結婚式のウェルカムボードに使ってくださるそうです。

撮影楽しんでいただけたようです!

ありがとうございました!

[vcex_spacing size=”50px”]

[vcex_button url=”http://goshiphoto.com/kyoto/” title=“「前撮り 京都」プラン・料金を見る” style=”minimal” align=”left” color=”blue” size=”small” target=”self” rel=”none”]この撮影のプラン・料金を見る[/vcex_button]

[vcex_spacing size=”70px”]

関連記事のタグ:

[vcex_spacing size=”20px”]

紅葉の京都 嵐山→祇園→日本庭園での和装前撮り

紅葉の京都で 和装の結婚写真ロケーション撮影をしました。

花嫁衣装は白無垢綿帽子+色打掛、撮影場所は嵐山・祇園・東山 五重塔周辺・ご宿泊のホテルの日本庭園の4ヶ所という、盛りだくさんなロケーション撮影でした。

嵐山での写真撮影

まずは嵐山から撮影スタートです!

新婦様は白無垢綿帽子姿。新郎様は紋付袴姿。

紅葉の嵐山や渡月橋をバックに。

桂川の川面がキラキラです!

渡月橋の上で。

川岸の紅葉のグラデーション。

ちょうど緑、黄色・朱色と、いろいろな色を楽しめました。

 

少し移動すると、もっと深い赤の紅葉絨毯が!

今度は紅葉のキラキラバックに一枚。

嵯峨野の竹林にも足を伸ばしました。

実は、紅葉の嵐山はそれはもうものすごい人、人、人!

なんとか二人の世界を作っています(汗)

 

祇園巽橋周辺での写真撮影

京都の西の端の嵐山から、場所を移動して東の端の祇園巽橋周辺へ!

衣装は赤の色打掛に。

紅葉に負けない鮮やかな赤です。

まずは辰己神社の前で。

 

次はすぐ横の巽橋で。

趣があります。

 

これまたすぐ横には町屋があります。

格子戸を背景に和傘を持って一枚。

祇園辰己神社周辺は、一つ所に京都らしい風景が詰まっていて和装の前撮りや和装ロケーション撮影にはぴったりです。

 

八坂の五重塔周辺での撮影

次は京都東山にある八坂の塔(法観寺五重塔)周辺へ。

まずは八坂庚申堂にお邪魔して神様にご挨拶。

 

 

周囲のカラフルなボールのようなものは「くくり猿」。

欲望を抑え、念願成就をするためのお守りだそうです。

この日は秋の日に照らされて少しシックな色目に見えました。

 

法観寺五重塔をバックに一枚。

現存する塔も15世紀からあるそうです!

お寺の創建は平安遷都以前の6〜7世紀のまで遡るとか。

その姿も素晴らしいし、570年以上も長く変わらずにあるものと一緒に写るだけでも、なんだか結婚写真としていい感じなような気がします。

 

この日はご両家のご家族様もご同行。

みなさんで京都観光も楽しみました。

お二人の、ご家族のご繁栄を願ってみなさんで一枚!

 

 

日本庭園での撮影

さて、またまた場所を移動して二人がご宿泊のホテルの日本庭園へ。

池には素晴らしい錦鯉も。

 

新郎新婦様が持って来られていた紙風船でちょっと遊んでみました。

…風が結構強くて紙ふうせんが言うこと聞きません。

新郎さん必死です!

花嫁さんはそんな新郎さんがおかしくておかしくて。

 

今度はお内裏様とお雛様?

可愛らしい人形が出てきました。

 

二人の結婚指輪をはめた手元。

 

そして、いい笑顔で締め!

盛りだくさんの楽しい撮影でした!

お幸せに!

[vcex_spacing size=”50px”]

[vcex_button url=”http://goshiphoto.com/kyoto/” title=“「前撮り 出張」プラン・料金を見る” style=”minimal” align=”left” color=”green” size=”small” target=”self” rel=”none”]この撮影のプラン・料金を見る[/vcex_button]

[vcex_spacing size=”70px”]

関連記事のタグ:

紅葉の京都 祇園→円山公園での和装前撮り

紅葉の京都 祇園と円山公園で、結婚写真の和装前撮りをしました。

新郎新婦様はこの前撮りのため、東京からお越しになられました。ありがとうございます!

お衣装は新婦様がお手配されたもので、着付けやヘアメイクは新婦様のご友人の美容師さんがされました。

そんなわけで、ご友人とワイワイしながらの撮影が始まりました!

 

祇園巽橋周辺での前撮り

まずは最も京都らしい町並みが残る場所の一つ祇園巽橋周辺へ!

情緒ある町並みを背景に撮影します。

白川の橋の上で。

 

町屋の格子戸と和傘を使って。

 

辰己神社へのお参りも忘れずに!

 

円山公園での前撮り

車と徒歩で15分ほど移動して、東山の麓のある円山公園へ。

紅葉が見頃とあってすごい人でした!

二人を撮っているのはカメラマンでなくて友人美容師さん (^_^)

撮影する方もポーズが決まってます!

 

どんなにすごい人でも、写真の中ではなんとか二人の世界を作ります。

紅葉の美しい池の橋の上で。

 

一人ずつのポートレート写真も。

 

新郎様のこのカットで締め!

実はこのカットを撮った後、それはそれはもんのすごい勢いで雨が!

でも、ラストは屋根のあるところで撮るようにしていたのでセーフでした。

東京からお越しいただき、ありがとうございました!

 

追伸:

この日、朝から台風の予報だったんです。

そんな日の前撮りは天気予報とにらめっこしながら。

撮影時間を前倒しし、当日の撮影ははスマホで雨雲の流れを見ながら時間配分。

雨が予想される場合、事前にご相談して日程の変更をしたりするのですが、こちらのお二人はご都合により日程をずらすわけにもいかないとのことで、決行しました。

ロケーション撮影ではお天気の心配はつきものですが、雨の降る降らないは誰のせいでもないので、こんな感じで柔軟に対応しています!

[vcex_spacing size=”50px”]

[vcex_button url=”http://goshiphoto.com/kyoto/” title=“「京都 前撮り」プラン・料金を見る” style=”minimal” align=”left” color=“green” size=”small” target=”self” rel=”none”]この撮影のプラン・料金を見る[/vcex_button]

[vcex_spacing size=”70px”]

関連記事のタグ: