カテゴリー
結婚式

神社での結婚式写真、こんな感じで撮ってます。

こんにちは。カメラマンの大越です。

神社での結婚式の写真撮影をご依頼いただいた場合、持ち込みカメラマンとしてどんな感じで撮影を進めているのかを、これまでに撮ったお客様の写真をご覧いただきながらご紹介します。

こんな方の参考になるように書きました。
・神社での結婚式を検討している
・結婚式の持ち込みカメラマンを探している

目次
結婚式当日の撮影例
まとめ
関連ページ

結婚式当日の撮影例

お支度

ご希望の場合、お支度の様子から撮影を始めます。
お支度場所は、神社内でお支度する以外に、衣装店・美容室・ホテル・披露宴会場・ご自宅などでお支度をして神社へ移動する場合があります。
先方の許可さへあればどこへでも伺います。

新郎新婦様のポートレート

神社境内で式前に撮影させていただくことが多いです。
たいていの神社では挙式30分前くらいからは控え室にいるように言われるので、挙式1時間前から撮影できるようにお支度完了時間や神社到着時間を調整してもらえるようにお願いしています。
挙式前に境内で撮影することができない神社もあります。その場合は神社以外で撮影をするか、式後に時間をとっていただくなどしています。

ご参列者到着・待合室

挙式前、ご参列の皆様が到着されたり待合室で談笑されている様子をお撮りします。お祝いに駆けつけてくれた方々と久しぶりに顔を合わす感じが好きです。

結婚指輪・挙式設え

結婚指輪、リングピロー、可能であれば準備の整った挙式場の撮影をします。
タイミングはその神社の進行よります。指輪はできれば時間をとって撮影をしたいので、お支度撮影開始前にお預かりして撮影する場合もあります。

参進(花嫁行列)

神社での結婚式では、待合室から結婚式を行う場所まで新郎新婦様とご参列の皆様で花嫁行列を組んで進むことがよくあります。「参進」と言います。ただの移動ではなく、もうここから結婚式が始まっている感じがしていい感じです。

挙式

神前式では、進行ごとの動きを美しく撮ることはもちろん、全体の厳粛な雰囲気、新郎新婦様やご参列者の表情などに注目しながら撮影します。

神前式では挙式中にカメラマンが入ってはいけない場所や、撮影してはいけないタイミングが大抵あるので、事前にしっかり確認して守りながら撮影します。

ご参列者との写真撮影

挙式後は、ご参列の皆様と新郎新婦様で一緒に写真を撮る時間に当てることが多いです。まず全員で撮って、その後は自由に。それぞれのご家族で撮ったり、友人と撮ったり。ご希望があって時間が許せば、皆様のスマホやカメラでもお撮りします。オプションになりますが、ひな壇をお持ちしてのフォーマルな撮影もできます(神社の許可が必要)。

プチロケ

披露宴や食事会があるなら、間に合うように移動します。
挙式のみ撮影で、二人がご希望されるなら写真をもう少しゆっくり撮影することもあります。

まとめ

神社での結婚式撮影には、挙式中の配慮や白無垢など和装の整え方・見せ方など勉強と経験が必要なことがありますが、そのあたりクリアしつつ楽しく美しくあったかい写真をお撮り出来ているんじゃないかなと自負しています。
よろしければ、下記ページもご覧ください!

関連ページ

カメラマン大越の結婚式当日撮影にご興味ありましたら、以下のページもご覧ください。

結婚式の当日撮影 プラン・料金
結婚式の当日撮影 撮影例
結婚式の当日撮影 ブログ