神社での前撮りのマナーについて

石畳、鳥居や灯籠の朱色、柔らかな木漏れ日など、神社には和装によく合う風景がたくさんあります。

ただ、様々な理由でフリーカメラマンの神社での結婚式の撮影や前撮りが制限されるようになってきているそうです。

主な理由の一つに、マナー違反があるのかなと思います。

神社は公園や公共のスペースというわけではなく、あくまで神様をお祀りしている場所です。

前撮りの場合、難しいことはわからなくても、ちゃんと許可を得て、神様や神社への敬意と参拝の方への配慮を持って撮影していれば、そこまで深刻な事態にはならないはずなんです。

しかし、最近の様子を見ていると常識と思っていることを共有できていないフォトグラファーも増えてきているのかなと思います。

未来の新郎新婦様のため、自分たちのため、マナーを普通に守りながら撮れるフォトグラファーの輪を広げたいなーと思っています。

知り合いのフォトグラファーの中には、神社での結婚式撮影についての勉強会を開いたりしている人もいます。

興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

以下は、以前撮影させていただいた和装前撮りの写真です。
京都の神社でロケーション撮影をしました。
穏やかに晴れた秋の日で、とても気持ち良く楽しく撮影できたのを思い出します。

こんな風に、幸せな撮影がこれからもずっとできますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください