skip to Main Content

ゴシフォトが結婚式当日の写真を撮るときは、たいてい「カメラマン持ち込み撮影」で、全国の式場にお邪魔して撮影させていただいています。

「カメラマン持ち込み撮影」は、新郎新婦様が式場提携以外のカメラマンをウェブなどで見つけて、式場に「持ち込んで」撮影をしてもらうことです。

新郎新婦様にとってはたくさんの選択肢の中から選べるし、カメラマンとしても自分の何かを気に入っていただいて指名してもらえるのはすごく嬉しいことです。

ただ、式場スタッフにとっては気心のしれた提携カメラマンではないので、「どんな人だろう?」「結婚式進行の妨げにならないだろうか?」などなど心配もあると思います。

手間や心配は増えるが、利益にはならない、それが式場にとっての持ち込みカメラマンです(汗)

そんなちょっとマイナスなところからのスタートですので、他のカメラマンの話では「嫌がらせを受けた」「撮影の邪魔をされた」などと聞くこともあります。

でも実はゴシフォトでは、そういった経験はほぼゼロなんです。

大抵いつも丁寧に対応していただき、惜しまず協力していただいています。

おかげさまで、新郎新婦様にご満足いただける良い写真を撮ることができています。

ラッキーもあるかもしれませんが、そうなるように事前準備や当日の行動など色々考えて実行していることも大きいかなと思っています。

そういうわけで、「カメラマン持ち込み撮影」の時に、どんなところに気をつけて準備や行動をしているのかをご紹介します。

お問い合わせ〜ご予約

カメラマン持ち込み撮影ご検討の際は、まずはお問い合わせフォームから撮影日程の空き状況をご確認ください。

合わせて、式場に持ち込み撮影についての対応をご確認ください。

持ち込み撮影は可能か

  • 無条件で可能
  • 条件付きで可能
  • 禁止

いずれかの対応になると思います。

「条件付きで可能」な場合は、その条件もご確認ください。よくある条件と、ゴシフォトの対応を書きました。

  1. 持ち込みカメラマンの撮影の制限やルールがある(→ルールに従っての撮影可能)
  2. カメラマンと式場の事前打ち合わせや下見が必要(→地理条件により、お電話でのご挨拶と当日早めに伺っての下見に変えさせていただく場合もあり)
  3. 持ち込み料がかかる(→お客様支払いなので、お客様判断)
  4. カメラマンの席と料理も注文が必要(→お客様支払いなので、お客様判断)
  5. 家族・親戚・友人・知人カメラマンの場合はOK(→偽装不可、本当にそうならOK)
  6. プロカメラマンはNG(→偽装不可なので撮影不可)

以上検討して、カメラマン持ち込み撮影が可能であれば、ぜひご予約ください!

お打ち合わせ

カメラマン持ち込み撮影の打ち合わせで特に注意していることを書きます。

打ち合わせの時期

できるだけ早めに一度お打ち合わせをします。

会場契約前や、打ち合わせが進んでいないときでも構いません。

持ち込み条件が厳しかった場合の対応なども、早めの方が何かとご提案の幅が広がります。

スケジュール立案

  • 新郎新婦様の写真についてのご希望
  • 当日の結婚式全体の進行
  • 撮影についてのルール

その辺りを確認しながら撮影スケジュールを立てます。

挙式・披露宴 前後の時間を詳しく計画

挙式中や披露宴中の進行は新郎新婦様と式場担当者との打ち合わせで決めるはずなので、それに沿って撮影することになります。

「集合写真」「二人のポートレート」は挙式や披露宴の前後に時間と場所を確保して撮影します。

移動にも時間がかかりますので、それも考慮してスケジュールを考えます。

式場担当者への連絡と相談

撮影スケジュールの案は、お客様から式場担当者にご連絡いただきます。

予定の時間や場所が確保できるかどうかは、式場担当者しかわからない場合があります。

もし無理なら代替案をもらい、スケジュールを調整します。

決まった撮影予定は当日スタッフ用の進行表などに載せてもらい、現場スタッフ全員で共有してもらえればベストです。

情報を共有しておくことで安心感・信頼感につながります。

また、初めから時間を確保しておくことで無駄に急かされず、撮影についての協力を得やすくなります。

式場会場の下見とご挨拶について

式場・会場から、持ち込みカメラマンに下見と打ち合わせに来てほしいということでご希望があった場合、日程を調整して伺います。

遠方などで難しい場合や日程が合わない場合は、お電話でのご挨拶に返させていただく場合もあります。

撮影当日

しっかり打ち合わせをしているので、当日新郎新婦様にお願いすることはありません。

結婚式の1日を大切に過ごして下さい。寝不足と遅刻だけは気をつけましょう!

持ち込みカメラマンの撮影当日の仕事はこんな感じです。

  1. 良い写真を撮る!
  2. 新郎新婦様とゲストの皆様にとって良い結婚式になるように協力する
  3. 式場スタッフの信頼を得て、撮影しやすい環境を作る

当たり前ですが、持ち込みカメラマンの一番の仕事は良い写真を撮ることです。

新郎新婦様やゲストの皆様にとって良い結婚式であれば、良い写真も撮りやすくなります。だから、盛り上げ役、案内役、時間のつなぎ役など、撮影に支障がなくてカメラマンにできることならすすんでします。

式場スタッフの信頼と協力を得ると、さらにいい写真を取りやすくなります。その為にできることもすすんでします。意外と当たり前のことが効果的だったりします。

  • 笑顔で挨拶
  • 報告・連絡・相談
  • 時間・ルールの遵守
  • お客様にとって最高の結婚式になるように他のスタッフと協力

人なので、笑顔で挨拶されると嬉しいし、それだけで警戒感も薄くなります。

婚礼ご担当、キャプテン、司会、ヘアメイクさん、介添えさんとの「ホウ・レン・ソウ」での情報共有も、短い時間内で信頼を得て協力してもらいやすい環境を作るには効果的です。

時間、ルールを守らない人は信頼されません。信頼されないと協力は得られないし、逆にそのあとの撮影を制限されたりして最終的に新郎新婦様にご迷惑がかかるので気をつけます。

先ほどと内容が被りますが、場を盛り上げたり、案内をしたり、時間のつなぎ役などカメラマンにできることで撮影に支障がないなら、すすんで協力します。「持ち込みカメラマンとしてその日1日だけの参加ですが、私もあなたたちと一緒にこの結婚式を最高にするため働くチームの一員ですよ。」というメッセージが行動で伝われば、他のスタッフも撮影に協力してくれます。これは理想論とかではなく、経験上ホントの話です。

まとめ

いい撮影をするための環境は自ら作る。

  • 新郎新婦様が何を求めてゴシフォトにご依頼されたのかしっかり把握する
  • それを実現するための事前準備を十分にして、式場スタッフとも情報共有する
  • 当日は最高の結婚式を実現するための現場チームの一員として協力することで、撮影への協力も得られる環境を作る
  • いい写真を撮る!

いったん撮影のご依頼をお受けしたら、必ずいい写真をお撮りできるように、できることは全てしてから撮影に臨むのがプロカメラマンです!

お問い合わせ

お問い合わせの種類
日程空き状況の確認撮影のお申し込みその他

ご検討中の撮影

撮影希望日(又は、おおよその時期と条件)

撮影希望地域

お問い合わせ内容

 
ご返信先

お名前

メールアドレス(返信先)

電話番号(メールが届かなかった場合などの連絡先)

 
送信前に入力情報に誤りがないか確認をして、こちらにチェックを入れて下さい(必須)

LINEで送る
Pocket

Back To Top