skip to Main Content
←メニュー・お問い合わせ

「幸せいっぱいの写真を撮り、人生の宝物を作る!」

何のひねりもないですが、これが私がカメラマンとして果たす役割かなと思っています。

いい写真

「見ているだけで、幸せな気持・優しい気持ちになる。」
結婚写真や子供・家族の写真では、そんな写真が「いい写真」だと思いっています。
そんな写真にするには、やっぱり写っている人が嬉しそうだったり幸せそうだったりするといいんじゃないでしょうか。
景色や衣装や構図や光や色味など諸々のことは、それを引き立てたりお膳立てするためにあるべきだと思っています。
そこがブレると、奇をてらった写真・ナントカ風の写真になっちゃって、
あとで見てみると???な感じになる気がします。

場作り

結婚写真や子供・家族の写真の撮影では、シャッターを押す前に、まずは場作りを大切にしています。

例えば結婚写真なら…
新婦様が緊張し過ぎなら、ちょっと冗談いってみたり新郎様をイジってみたり、
披露宴のゲストに挨拶回りをしている親御様のビール瓶が空になったのに誰も気づいていないときは、サービススタッフさんに取り次いだり。

些細な事ですが、みんなが楽しめて喜べる結婚式や、リラックスして楽しめる前撮りやロケーション撮影の場を作れれば、「いい写真」が撮れる率は格段に上がります。
わざわざ「笑って!」と言わなくても、笑顔のあふれる写真になります。

あとで写真を見て撮影の時のことを思い出してもらった時に、
「あの時はなんだとっても楽しかったね!」
と言って、また笑顔になれるような撮影時間を提供できるように頑張っています。

Back To Top